お金に困らないための適性家賃

お金に困らないための適性家賃

実家を出て暮らしている人にとって、月々の支出で大きな割合を占めるのが家賃ではないでしょうか。食費や光熱費のように節約するわけにもいかず、一定額が毎月かかります。家賃の滞納は絶対に避けたい事態。キャッシングを利用する人の中には、家賃の支払いが迫って借入をするケースもあるのではないでしょうか。
1つ見直しておきたいのが、家賃が収入に占める割合です。一般的には、家賃を手取り月収の30%以内に抑えるべきだといわれます。ゆとりを持ち、貯蓄も考えるなら20〜25%程度が理想だそうです。もし手取り15万円なら、家賃は4万5千円が目安です。ただ東京など大都市圏では家賃相場が高く、「家賃は手取りの3分の1以内」ともいわれます。その場合は手取り15万円で家賃6万6千円になります。どちらの基準を当てはめて考えるかは、手取り額の多少にもよるでしょう。
収入額ではなく、手取り額で計算する点を間違わないように。これから引っ越しを予定している人は、この家賃目安を参考にしてください。
引っ越しには初期費用として敷金・礼金もかかり、引っ越し代金、新しい家具など何かと出費がかさみます。そんな時にもキャッシングが便利ですが、返済のことも考えましょう。家計を圧迫しない程度の家賃、無理なく返済できる借入額が大切です。