知らないなんてもったいない!家賃の裏ワザ

知らないなんてもったいない!家賃の裏ワザ

生活費を節約しても毎月の家賃を支払うのがキツく、キャッシングのお世話になってしまう…こんな人は、家賃そのものを節約する必要があるかもしれません。もし新居を探しているなら、UR賃貸はいかがでしょうか。UR賃貸はかつての公団住宅。現在は都市再生機構が経営している、いわば公的賃貸住宅です。民間の賃貸住宅と比べると、同じ家賃でもUR賃貸の方が広くて設備が充実している物件が多いようです。さらに礼金・仲介手数料・更新料・保証人不要で入居できるため、引越しの初期費用が大幅に節約できます。民間の賃貸住宅でも、引越し時に家賃などを節約する方法があります。まず、一般的な賃貸契約は2年が基本です。家賃、管理費などを2年分合算してみましょう。毎月の家賃にとらわれず、合計金額で比べて安い物件を選ぶのがポイントです。「敷金・礼金ゼロ」をうたった物件には初期費用が安い分、家賃が高い場合も多くあります。目先の初期費用に惑わされないようにしましょう。大家さんに値下げ交渉するなら、借り手が見つかりにくい5〜6月がお勧め。不動産屋さんにお願いして交渉してもらうのが原則です。引っ越す予定が無くても、2年契約が切れれば更新がやってきます。その際、家賃の値下げが可能な場合もあります。毎月支払う家賃はできるだけ抑えたいもの。既にキャッシングを利用している人も、返済に余裕がでます。浮いたお金は、家電や家具の購入に回せますね。