審査を左右する「信用情報」とは?

審査を左右する「信用情報」とは?

キャッシングやローンを利用する際の審査は、信用情報をもとに行っています。では信用情報はどこから入手しているのでしょうか?それは、3つの個人信用情報機関です。
【CIC】クレジットカード会社、リース会社、消費者金融、信販会社、携帯電話会社など。
【KSC(全国銀行個人信用情報センター)】銀行、信用組合、信用金庫、労金、農協など。
【JICC(日本信用情報機関)】クレジット会社、リース会社、貸金業、保証会社、金融機関の与信など。

 

これら3つの信用情報機関の情報は、CRINというシステムで共有されています。もし融資の返済や携帯料金などの滞納、代位弁済、債務整理などがあれば、事故情報としてキャッシング会社の知るところになり、審査に響きます。最近は携帯電話の本体を毎月の料金と併せて分割払いにするケースが増えています。そのため、携帯料金の遅延はローンの遅延と扱われるので要注意です。自分の信用情報を取り寄せて確認することもできます。気になる人は1度確かめてみましょう。キャッシングの審査は、信用情報だけではなく勤続年数や年収も関係します。融資を受けるために都合の悪い情報を隠しても、かならず露見してしまいます。正直な申告を心がけましょう。